今年度の研究

1.研究課題

 『共に生き、平和な社会を創り上げる力を育むにはどうあればよいか』


 2.研究内容

(1)どのように平和教育を位置づけ、実践していくのか

  ・教科における平和教育の実践

  ・教科外における平和教育の実践 

  ・平和都市宣言と平和教育の実践

(2)どのように人権・共生教育を位置づけ、実践していくのか

  ・アイヌ民族  ・人権教育  ・男女共同参画  ・子どもの権利条約  

  ・バリアフリー ・インクルージョン  ・ノーマライゼーション  ・福祉  

  ・少数民族  ・労働者の人権  ・しょうがい者の人権  ・LGBT


 3.研究方法

(1)研究計画

    5月 7日 役員研修会(今年度の方向性)

    5月21日 役員研修会(課題部会研究協議会の計画・実技研修会の計画)

    6月 中旬 部会情報の発行(協議会に向けて)

    7月27日 実技研修会 「江別市であった戦争について考える」(江別市郷土資料館)   

    8月16日 拡大役員研修会(研究協議会開催に向けて)

    9月 4日 課題部会研究協議会    於:研修センター

          役員研修会(研究協議会の反省)

   10月 中旬 部会役員研修会(今年度の研究のまとめと次年度に向けて)


(2)課題部会研究協議会 分科会構成

  ・第1〜3分科会 どのように平和教育を位置づけ、実践していくのか

  ・第 4 分科会 どのように人権・共生教育を位置づけ、実践していくのか

 

(3)研究協議会の内容と方法

  ・全体会 提言レポートの発表、意見交流

  ・分科会 各部会員の実践レポートの交流


4.研究協議会  9月4日(火) 会場:石狩教育研修センター

  13:00〜 受付開始

  13:30〜 全体会(提言レポート発表)

  14:10〜 休憩・レポート配布

  14:20〜 分科会

  16:00〜 全体交流

  16:20〜 整理委員会

  実践レポートをA4版で80部印刷し、当日持参してください。

  個人または、学校で1本のレポートをお願いします。

  会場で一括して穴をあけますので、事前に穴をあける必要はありません。

© 人権・平和部会 2018