今年度の研究

1.研究課題

「共に生き、平和な社会を創り上げる力を育む教育はどうあるべきか」

 

2.討議の柱

(1) 教科における平和教育の実践と教育課程への位置づけ

(2) 教科外における平和教育の実践と教育課程への位置づけ

(3) 平和教育の情勢の分析と今日的な課題

(4) 民族・人権・共生教育の実践と今日的な課題

 

3.今年度の取り組み内容について

(1) 研究の方法

  研究協議会は開催できませんが、例年通り、部会員は、レポートを作成し、期日(9月上旬)までに提出していただきます。提出いただいたレポートは、役員で帳合し、レポート集を部会員の皆様に配布します。その後、各自、レポートを読み、感想・意見・反省等を提出していただきます。皆様からいただいた感想・意見・反省等を事務局でまとめ、今年度の研究の成果とします。

(2) レポート内容

  ①  どのように平和教育を位置づけ、実践していくのか

  ②  どのように人権・共生教育を位置づけ、実践していくのか

  登録時に選択した研究内容について、レポートの作成をお願いします。今年度の実践報告が難しい場合は、各校・各学年の教育課程への位置づけや昨年度(9月以降)の実践報告、今後実践する予定の指導案等、可能な内容で作成をしてください。

(3) レポートの扱い、部数、形式

  レポートの提出先や部数については、7月中旬に、部会情報ならびに部会ホームページでご連絡いたします。一部地域を除き、データでのレポート集約は行いません。

 

4.その他

 毎年実施していました理論実技研修会は、今年度は実施いたしません。

 

© 人権・平和部会 2020