令和2年度 研究計画 


1.
研究課題
 「持続可能な社会の実現を目指し、主体的に行動できる子どもを育てるための環境教育の在り方はどうあるべきか。」
2. 研究内容
 (1)「エネルギー問題」を題材とした、持続可能な社会の実現を目指して主体的に行動できる子どもを育てるための
     環境教育

 (2)「自然・生命」を題材とした、持続可能な社会の実現を目指して主体的に行動できる子どもを育てるための
     環境教育

 
3. 研究方法
 (1)交流計画
   
・南北2ブロックの施設見学を行い、次年度の研究レポートに活かす手がかりを持ち帰ることができるよう、
    意識の統一を図る。

   ・部会情報「THEかんきょう」を発行し、レポートの作成要領や研究協議会の見どころなどを呼びかける。
 (2)分科会構成
   ・部会登録時の研究内容ごとに分科会を持つ。
 (3)研究協議会の交流内容・方法
   ・南北2ブロックに分かれて施設見学を行う。
   ・施設職員の方に講演や説明をしていただき、日常実践で使える話題として持ち帰ってもらう。


4. 研究協議会までの部会員の準備
   ・令和2年度は研究協議会を実施しません。どのような交流方法が有効か役員で検討していきます。
   ・役員で検討した結果、各校からSDGsの取り組みについてレポートを提出していただくことになりました。


                                          (文責 八戸 将樹)