Last updated:2018/3/15


.石教研 課題部会 石狩管内教育研究会に戻る
情報教育部会

平成29年度 課題部会研究協議会
日時:9月5日(火)
会場:江別市立中央中学校

無事に終了しました。
ご協力ありがとうございました。


協議会日程

13:00〜 受付開始
13:30〜 開会式・提言
13:40〜 講演会「タブレット端末を使用した授業例(JUST SYSTEMS)」
14:40〜 休憩(教室移動・展示ブース見学)
15:00〜 分科会(レポート交流)
         分科会Bは、授業で使用できるアプリの紹介とコラボノート(JR四国)



Mail

ご意見ご要望は・・・ WEBページ担当 江別市立中央中学校 鎌田 恭輔 までご連絡ください。


今年度の研究課題

教育の情報化の推進はどうあるべきか

研究内容

(1) 子どもの情報活用能力の育成と授業の情報化

 「情報活用能力(情報の収集・判断・表現・処理・創造等をできる能力)」と「情報社会へ参画する態度(情報の役割や影響を理解し、情報モラルや情報に対する責任について考える)」の育成の二つを柱にした情報教育の推進を図るための実践や成果と課題を交流する。

キーワード
 @情報活用能力の育成とICT・図書館を活用した授業実践
 A情報モラル・マナー
 Bコンテンツ活用ワークショップ


(2) 校務の情報化

 校内の情報や事務処理などの電子化により校務の効率化を行い、職員の業務負担の軽減を図るようなシステム、機器活用などの情報(校務支援システムも含む)を交流し、管内の教育環境の向上に努める。また、学校間・保護者・地域などとネットワークを活用した連携のあり方についても考える。

キーワード
 @校内環境整備・事務業務
 A保健業務


分科会全員でのレポートによる実践交流(共同発表可)のための準備をお願いします。7月中旬にレポートテーマ(希望分科会)の提出、8月中旬にレポートの提出をお願いいたします。昨年とスケジュールが違うのでご注意ください。


研究のまとめ

1.成果
  分科会では、より活発な話し合いができるように多くの学校・種類のレポートを交流できるように編成し、様々な実践の方法に触れることができた。初めて知る情報もあり、活発な交流が展開された。また、例年通りではあるが展示ブースでは新たな機器や情報に数多く触れることができた。全体会では、学校現場におけるタブレット端末の実践の幅を広げることができた。ICTの進歩に学校現場が遅れないよう、情報教育部会員が中心となり情報共有や技能向上に努めることがこれからも必要である。次年度以降も課題研究にさらに迫るために、取り組みを継続していきたい。


2.課題
  今年度も、学校単位でのレポートが多くなり、一人ひとりの実践を交流することが難しかった。部会だよりが回覧されていなかったのか、レポートを提出できなかった部会委員もいた。部会員が多い部会なので、全員に部会だよりが行き届き内容が周知できるように工夫する必要がある。分科会のレポート交流では、事務費用での経費削減や業務軽減を目的としてペーパーレス化を図った。プロジェクターでレポートを提示し、発表してもらった。管内的にはICT環境の整備は進んできてはいるが、効果的に活用するために適切な環境になっていなかったり、最新の技術に教育現場が追い付いていなかったりするのが現状である。研究の成果と課題を各校に還流するとともに、行政側に対しては学校単位だけではなく部会が中心となり現場の状況を伝える必要もある。引き続き、部会としてこの課題に向き合っていかなければならない。

 2017年度のレポート集
全ての分科会のレポートを公開しています。

研究内容1 子どもの情報活用能力の育成と授業の情報化
@情報活用能力の育成とICT・図書館を活用した授業実践
A情報モラル・マナー

研究内容2 校務の情報化
@校内環境整備・事務業務
A保健業務


昨年度のレポートはこちら

 ◆今年も一年間、ありがとうございました。 
 今年度の部会活動へのご協力、ありがとうございました。役員一同、感謝しております。今年は、2年継続研究の1年目として細かな部分で運営の方法を変えるなどの工夫して取り組みました。来年度も研究を継続し、さらに活発な部会の運営ができるよう、役員一同頑張りたいと思います。ご協力ありがとうございました。

部会便り

No.1 今年度の部会体制 研究主題など
分科会希望調査

No.2 レポート作成のお願い・分科会について



No.3 課題部会研究協議会迫る!





一般財団法人 コンピュータ教育推進センター
ICT活用の授業実践事例やモラル指導の事例などが多数有ります。
キーボー島アドベンチャー
 スズキ教育ソフトが運営する「キーボー島アドベンチャー」というサイトです。このサイトは、児童のキーボード入力のスキルアップを支援することを目的にした無料のサイトです。
NHKデジタルコンテンツ
 様々な教科で使える素材(動画クリップ)が揃っています。その数なんと3000本以上!使いたい教科や内容キーワードを入れるとその中から必要なコンテンツを簡単に探すことができます。

PDFファイルを見るには Adobe Reader をクリックしてください。