教育課程部会 本文へジャンプ
石教研HP

New!

MAIL

ご意見・ご要望は、HP担当(大麻泉小山本)までご連絡ください。
2016年度研究のまとめ

2016年 研究協議会開催要項

部会便り 1

部会便り 2

部会便り 3

 2016部会員アンケート      

成果と課題


【2016年度の研究協議会の様子】
9月6日(火)江別市立大麻泉小学校において、今年度の石教研教育課程部会研究協議会が開催されました。当日は朝から小雨が降り、会場となった体育館の中は大変蒸し暑くご迷惑をおかけしました。
 <丁合の様子>
 
 今年度のレポート数は、延べ48本も集まりました。部長からのあいさつにもある通り、課題部会研究の基盤は研究課題に基づく日常実践であり、先生方が多くの実践を持ち寄ってくださったおかげで部会研究が充実したものになりました。ありがとうございました。
<今年度のレポート一覧>
2016reportlist.pdf へのリンク

 研究協議会前半は、次期学習指導要領改訂において話題となっている「アクティブラーニング」についての理論研修会を行いました。講師は、北海道立教育研究所 企画研修部 研究研修主事でいらっしゃいます 平山 道大氏にお願いしました。4人程度で話し合いをしたり、中学校理科の授業の様子を動画で観たりするなど、講演内容を工夫してくださいました。参加された先生方も次期学習指導要領改訂についての関心は高く、とても真剣に耳を傾けていました。
 アクティブラーニング = 主体的・対話的で深い学び
ということですが、正直なかなか難しいです。今後も一層勉強していかなければならないですね。

<理論研修会>


 研究協議会後半は、小中4グループずつの分科会に分かれ、実践レポートの交流と研究協議を行いました。正味40分程度しかなく、話し合いを深めるには十分な時間ではありませんでしたが、各分科会精力的に話し合いを進め、有意義な研究協議ができました。先生方のご協力に感謝申し上げます。
<分科会協議>